自動車保険の役割を再確認しよう

一家に1台どころか一人1台の日本にとって自動車は、日常の生活で欠かすことのできない移動手段です。そして、事故が発生した時に必要になる保険と自動車は切っても切れない関係にあります。

自動車を購入する時に必ずついてまわる自動車保険は、大きく二つに分けることができます。自賠責保険と任意保険です。

自賠責保険とは、国の自動車損害賠償保障法で定められている強制力のある保険のことです。この保険を加入せずに自動車を運転するようなことがあれば、1年以下の懲役または50万円以下の罰金を支払うことになります。このように厳しい法律を設けている理由は、万が一事故を起こしたとしても賠償金で苦しまないようにするためです。

任意保険とは、その名の通り自動車を購入した本人が加入するしないを決めることのできる保険のことです。自賠責保険のように法的な強制力はありませんので、加入しなかったからといってなんらかの罰則を受けることはありません。ただ、事故を起こした時に貰える賠償金が少なくなるということを把握しておく必要があります。

自動車を運転するものにとって事故とは、常に隣り合わせの状況にあります。自分だけは絶対に起こさないという保障はどこにもないのです。だからこそ、自動車保険の役割が重要になってくるのです。

 借金返済救済のらくりんcom

 

 

自動車保険一括見積もりサービスを使う前に用意しておきたいもの

自動車保険の一括見積もりサービスを利用するときにつまづきやすいのが記入しなければならない情報の多さです。いざ見積もりをとろうと決心しても、型式やナンバーなど車についての情報、現在契約している自動車保険の詳細、運転者や契約者の情報など複雑で詳細な情報を入力しなければなりません。そこまでクリアしてやっと補償内容の見積もりに入ることができます。

いったん一括見積もりサービスを利用してみようと決心された方でも、この最初のステップで記入する情報がわからずに投げ出してしまった方は多いでしょう。車の登録番号や細かい型式などははっきりと覚えていないという方は多く、正しい情報を入力しないと補償内容の見積もりにたどり着かないため、一括見積もりサービスの便利さを体験する前に挫折してしまうのです。

このように途中で諦めてしまわないためには、自動車保険の一括見積もりサービスを利用する前に必要な書類を準備しましょう。運転免許証と車検証、そして現在加入している自動車保険の保険証書を手元にそろえます。これだけあれば必要な情報はすべて記載してあるので、入力すべき情報がわからないということはありません。会員登録すれば記入内容を保存できるサイトもありますから、別の日に再び見積もりをとり直したいという時には便利です。

知っていそうで知らない自動車保険

自動車保険には大きく分けて2つの種類があります。一つ目は自賠責保険でもう一つが任意保険といわれるものです。自賠責保険とは自動車を購入して登録するときや車検時に必ず加入する保険です。よく強制保険といわれたりします。逆に言うと自賠責保険に入ることで登録や車検が取れるという事になります。

 

自賠責保険は人身傷害のみが対象とされ最大3000万円まで保証されます。しかし、自動車同士の事故などもあります。そこで必要になってくるのが任意保険です。

 

任意保険はその名の通り任意で加入する自動車保険です。しかし自動車を運転する人なら必ず加入しておくべきものといえます。任意保険は対人、対物、搭乗者、車両保険からなっており、車同士の事故や車両保険も入っておけば自損事故の補償もされます。加入していないと自分ばかりか相手にも迷惑をかけてしまう事になります。

 

現在任意保険は各保険会社によって加入者の状況に合わせて選べるようになっていますので、補償内容により保険料には大きな開きがあります。

 

この任意保険ですが今までは代理店などで加入するというものでしたが、最近では通販型の自動車保険が販売されており、インターネットや電話から加入できます。一般的に保険料が安いという特徴があります。

 

この様な事から自動車を運転するのであれば必ず加入しておくと良いです。ネットなので見積もりも簡単に取れますので自分に合った自動車保険が見つかるはずです。